ベッドルームの収納

寝室は家の中で唯一お客さまが入ってこない場所です。それをよいことに、散らかっていませんか?収納が苦手な人や忙しい人は、特にそうなりがちです。でも洋服や物が散乱した部屋では、体も心も休まりません。

見せる収納と言っても、家の中のすべての部屋に当てはまるわけではありません。特に寝室は、ふとんや衣類などがあるので、ホコリの発生源になりがちです。掃除のしやすさを優先し、リビングルームやキッチンよりは、外に出すものの量を少なめにとどめるのが良いでしょう。そうすると、クローゼットや押入れ、タンスなどに物をしまうことになります。

服を保管するにはクリーニングや防虫剤などのコストがかかり、服の量が多ければ衣替えの際に余計に手間もかかり大変です。洋服には、流行があり、体型が変化する事もあり、着ない服が出てきます。過去一年間に袖を通さなかった服は、この先も着ないことがほとんどでしょう。収納を楽にするためにも、少しずつ着ない服を減らしましょう。着てくれる人に譲るのも一案です。

こうして寝室がスッキリしたら、見せる収納に取り掛かりましょう。
適している場所は、チェストやサイドテーブルの上です。アクセサリーを、使っていないトレイやお皿に並べて飾ります。アクセサリーは単体でおくと、行方不明になりやすいですが、こうしておけば紛失が防げます。
帰宅して服を着替えるときに、アクセサリーも一緒に外して放り込んでおき、朝も一目瞭然で探しやすいです。
ネックレス類はフックにかけて壁に飾ると、見た目もよい上に、絡まらず取りやすくて一石二鳥です。

This entry was posted on 日曜日, 9月 30th, 2018 at 3:55 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.